「菜の花の会」は都立小児総合医療センターの「院内患者会」です

「菜の花の会」は、旧都立清瀬小児病院で1992年2月8日に発足し、2010年に病院が統合されて、都立小児総合医療センターで新たなスタートを切りました。

 

 親にとって、子どもが病気になることは一番つらいことです。親も子も病気とたたかいながら、いくつものハードルを越さなければなりません。

 この会は、現在病気と向き合っているお子さんやご家族のことを第一に考えています。

 

主な活動

「菜の花サロン」… 毎月第二火曜日に2Fの会議室 10:00~15:00
「菜の花の会(定例会)」… 年に4回(2月・5月・8月・11月)日曜日
10:00から12:00
4月にゴールドリボンウォーキングに参加
キャンプ(宿泊キャンプのことも)… 年に1回
病棟へのプレゼント 年に1回
「菜の花サロン」は、親同士が気軽におしゃべりしながら、リフレッシュをしていただく目的で開いています。子どもへの接し方・学校のこと・日常生活のこと・退院後のことなど・知りたいことや聞いてもらいたいことなどを語りあっています。面会の合間の短い時間でもかまいません。ぜひ、いらしてください。お待ちしています。退院された方も、来てくださいます。先生もお仕事の合間にいらしてくださいます。
会費は、ひと家族年額2,000円です。ただし、会費の一部は入院中の子ども達のために使わせていただいています。入会されるかどうかは「菜の花サロン」にいらしてからゆっくり決めてください。こちらから積極的に勧誘することはありません。ご安心ください。
「菜の花の会」一同